看護のお仕事で自分に合った求人を探し就職しよう

需要のある仕事

ハートを調べる人

リハビリテーションの歴史について

現在ではリハビリテーションの重要性は認識されていますが、以前はそれほどではなく作業療法士などのリハビリテーションの専門家は全国でも数えるほどしかいないのが現状でした。しかし、最近では、早期退院を目指すためには予防的なリハビリテーションや術後のリハビリテーションが重要なことが認識され、多くの病院や施設などで活躍するようになりました。実は作業療法士が増加し始めたのはここ20年ぐらいの最近の話です。リハビリテーションの重要性がわかってくるにつれて作業療法士の求人はどんどん増えていきましたが、資格保有者がまったく足りていない状況でした。現在では全国に養成学校ができたことにより、毎年多くの作業療法士が誕生しています。

作業療法士求人の今後の動向について

現在では多くの養成学校ができたことにより、作業療法士の不足はほとんど解消されてきたといえます。しかし、作業療法士は病院だけでなく、高齢者施設などでの求人が増えてきており、今後も介護が必要な高齢者が増えることによって求人もさらに増えることが考えられます。介護の分野では老人保健施設などの施設からの求人や、通所サービスからの求人、訪問リハビリテーションからの求人と多くの仕事があります。今後は国の方針から通所サービスや在宅サービスが充実されることが予想されるため、この分野での求人がさらに増えることが予想されます。また、作業療法士は認知症に対するリハビリテーションも得意としているため、認知症施設からの求人も増えるでしょう。